保湿に重点を置いたスキンケア

何とかして肌のシミを消す方法は多くの種類がありますが、私のお奨めは高濃度プラセンタが入った美容液を使ってのお手入れです。お肌の奥の奥まで染み込んでいくのがわかるはずです。ずっと使っているうちにシミがどんどん消えていくのがわかり、全てのシミがなくなるまで使用することにしました。女性が妊娠、出産を経てしばらくの間は長い間に保っていたホルモンバランスが崩壊してしまうので、さまざまなトラブルが起こります。

肌荒れ、シワの増加といった肌トラブルもよく目立つために、悩む人は多いです。

プロゲステロンやエストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産後はいきなり量を激減し、その影響を受けて、肌は簡単に乾燥状態へと陥ります。そうやって乾燥し、荒れた肌は大抵敏感肌も併発しますから、なるべく低刺激で肌にや指しい無添加製品を使い保湿に重点を置いたスキンケアを続けるのが良いようです。

日々の保湿ケアで、肌の潤いが保たれていれば、気になるシミなどの色素沈着は起こりにくいのです。肌の水分の含有量が一定に保たれ、潤っていれば水分と油分は最適のバランスで保たれていて、整ったきめが保たれています。潤いと整ったきめがバリア機能を高め、紫外線によるダメージを減らすことができてシミも予防できるのです。シミを防ぐためにも、肌の乾燥には油断しないで頂戴。肌にできてしまったシミは、それだけで見た目年齢に影響するため、厄介なものです。

シミの正体とはいったい何なのかといえば、肌の細胞の内で造り出されたメラニン色素がそのまま剥がれ落ちずに蓄積されたものなのです。

お肌のターンオーバーを活性化できれば、少しはシミを目たたなくすることが可能となりますが、ピーリングによって古い角質を落とせば、よりその効果が現れやすくなります。ですが、ピーリングによる過剰なケアは逆に、肌に多大な負担をかけてしまうので、注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)しましょう。

たとえば、紫外線の量が同じだとしても、肌にできるシミはその人の肌の性質によって違います。

簡単に言うと、シミができやすい肌があります。

具体的にお話ししますと、白く、きめの細かい肌のことを言います。見分ける方法としては、日焼けした時にヒリヒリと赤くなってしまう人の肌です。美肌はかなりデリケートに出来ています。

スキンケア中にふと鏡を見てとあるインスピレーションを得ました。個人的には大発見だったのですが、それは肌の質が柔らかければしわがあまりできないのではないか、ということです。目尻にできてしまった笑いじわや、口の両端のほうれい線がこれは仕方がない、と半分あきらめつつ、気になっていた理由ですが、しばらく前から炭酸パックを始め、なんだか肌の柔軟性が上がったように感じてきた頃にはしわが薄くなってきたようで、気にならなくなってきました。炭酸パックがしわに効いたのかも知れないと勝手に思っています。ここ数年では、美容家電が世に浸透して自宅にいながらまるでエステを受けているかのようなスキンケアができるのがとても嬉しいです。私はエイジングに関するケアができる家電に夢中で仕方がないです。若くからコツコツとエイジングケアを自分に施していると、数年後のお肌が違ってくるかも知れないと思うので、努力しています。シミは多くの人が抱えるお肌の悩みです。シミが出来てしまう主な原因は、日焼け等の刺激により、肌が赤くなり、変色するという過程を経て、色素沈着したものになります。

日焼けのみならず、ひどいニキビによる炎症(炎症の五徴候という場合には、機能障害も含まれています)の跡も顔のシミの一因なのです。

「ちょっとそこまでだから何もしなくていいかな」と思わず、きちんとUV対策をすること、シミを意識したスキンケアを行なうだけで、これ以上シミが増えないようにする効果があるのです。あとは、食生活でシミ予防を意識することやサプリメントなどの力を借りてビタミンCを積極的に摂取する事もシミ対策として効果的です。肌を手入れするとき、乾燥シーズンは気を遣わなければいけません。

特に、皮膚の薄い目尻や目の下、口元などはシワのもとになる細かいヨレが出てきたり、体質によっては、ひどいかゆみや目尻のただれを我慢している人もいます。

きちんと手入れしているつもりでも、まだケアが足りないと考えたほうが良いでしょう。ほかの部分はいままでと同じスキンケア製品で構わないかも知れませんが、目もとにだけはオイル(脂質)を使うと効果的です。肌に浸透して肌をふっくらさせるタイプ、肌の上でバリヤーになって水分を保持するタイプがありますから、肌と相性の良いものを使用するようにして頂戴。

洗顔を終わらせた、その後の10秒間は実は肌にとって大変大切な時間だということをご存知でしょうか。シャワーを浴びたり、お風呂から出た後、しっかり洗顔を終えた直後の肌は、いわば、いくらでも水を吸い込む砂漠のような状態にあります。短くて重要なこのラッキータイムに肌に何もしないのは大変惜しいことですし、そんな大切な時に何もしないのは「肌にとって罪だ!」と言いたくなるほどです。

洗顔したら、手早くタオルで水気をとって肌にたっぷりと化粧水を吸わせてあげてほしいです。